酸辣湯風酢キャベツスープ(酢キャベツアレンジレシピ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




酢キャベツをアレンジして食べよう~その2~

酢キャベツダイエットの酢キャベツは、そのまま食べても美味しくないことはないけど、毎回そればっかりじゃ飽きちまう。
特に飽きっぽい管理人は、アレンジして食べないと長期続けるのは難しいんじゃないかと考えました。
そこで、様々な酢キャベツのアレンジレシピを考えて作ってます。

美味しいもの、そうでないものも含めて、酢キャベツのアレンジレシピは全部公開していく予定なので、酢キャベダイエットやってるけど、飽きて困ってるという方はぜひ参考になさってください。

酢キャベツアレンジレシピ

◆酢キャベツスープ 酸辣湯風◆
めちゃくちゃ簡単なレシピです。
とはいえ、ちょっと時間はかかります。

【材料】
・玉ねぎ、にんじんなど好みの野菜
・にんにく 1かけ
・ベーコンもしくは肉
今回は、豚軟骨を別の料理に使ったので、圧力鍋でトロトロにしたものを一部をこちらに使いました。

・酢キャベツ 100g程度
・酢キャベツの汁 100cc
・水 300㏄
・コンソメキューブ 1個
・ブラックペッパー 少々

【作り方】
1.玉ねぎやにんじんは、千切りにする
2.鍋に野菜と肉、酢キャベツ、酢キャベツの汁、水を入れて火にかける
酢キャベツのスープ1

3.肉に火がとおり、野菜がくたくたになるまで煮る
酢キャベツのスープ2

4.野菜がくたっとなったら、コンソメを加えてさらに煮る
酢キャベツのスープ3

5.5分ほど煮て味が染みたら出来上がり。
酢キャベツのスープ4

出来立てよりも、一旦冷ましてから再度温めて食べる方が、しっかり味が染みて美味しいです。
豚軟骨はすぐには火が通らず固いので、必ず圧力鍋でトロトロにしたものを加えてください。

時短のためには、薄切りの豚肉を使うのがお勧めです。
また、鶏のささみをそぎ切りにしてもいいですよ!
ささみは良い出汁が出るので、一番のお勧めです。

アレンジレシピを実際に作って食べてみた感想

塩はコンソメキューブに含まれる塩分だけなのですが、酸味が効いているため濃い味に感じられます。
それでもちょっと味が薄いなという方は、塩をひとつまみ(親指・人差し指・中指でつまみます)足してみてください。
また、今回はブラックペッパーを使って辛味を出していますが、もっと辛いのが好きという方は、ラー油を垂らしてもいいですよ(^-^)

酢キャベツの汁は、200㏄まで増やして構いませんが、酸っぱいものが苦手な方は100㏄でお試しください。
酸っぱいものが大好きという方は、お好みで加減してください。

管理人は、酸っぱいものが苦手な方ですが、100㏄で丁度良いと感じました。
これならむせずに食べることができます。
加熱するので、やや酸味はやわらぎますが、最初から大量に酢キャベツの汁を加えることはやめておいた方が無難です(^^;)

味に深みを出すために、クミン・シナモン・クローブを加えてみたところ、なんともエスニックな味になりました。
元々はシンプルな味わいなので、お好みの香辛料でお好みの味にアレンジできるのも、このスープの良いところだと思います。

※レシピの無断転載はご遠慮くださいねm(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!