糖質制限ダイエットの危険と注意点

話題の糖質制限ダイエット
様々なダイエットの中でも、確実に体重が落ちたという口コミ多数で大人気のダイエットですよね。
ですが、中には糖質制限ダイエットしたけど痩せないとか、体調を崩した、あるいは推奨していた人が命を落としたのではという悪い口コミまで出てきました。
糖質制限に興味はあるけど、そんな悪い口コミのせいで挑戦できないという方のために、糖質制限ダイエットにおける注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




糖質制限ダイエットでやせる仕組み

人間の体の細胞には、ミトコンドリアというものが存在するのをご存知でしょうか?
通常、人間は糖をエネルギーにして活動をしています。
その活動の素となる糖を制限することで、本当であれば生命の危機・・・ともなりかねませんが、そこで活躍してくれるのがミトコンドリア。
糖質制限をすると、細胞の中のミトコンドリアが脂肪をエネルギーに変えてくれるんです。
脂肪がじゃんじゃん燃えることで、体重が面白いように減っていき、10㎏以上のダイエットに成功したという人が続出しているというわけです。

糖質を制限しすぎるのは危険

それなら、もう糖質を摂取せずとも生きていけるじゃないか。
と、思ってしまいますよね?
でも、それは大間違い!

もっと体重を減らしたいからと、糖質を制限し過ぎてしまうと、大変なことが起こります。
それは、筋肉が落ちるということ。

筋肉が落ちてしまうと、代謝が悪くなり、リバウンドしやすい体になってしまいます。
それだけならともかく、免疫力が落ちて体調不良になる可能性だってあるんです。

また、一度落ちてしまった筋肉を元に戻すのはかなりの時間を要します

実を言うと、管理人も筋肉を落としてしまった一人です。
極端な食事制限、というよりも過食嘔吐、完全な炭水化物抜き、食事抜きというむちゃくちゃなダイエットを繰り返したせいで、脂肪だらけの痩せられない体になってしまいました。
すごく後悔しています。
そんな無茶なダイエットの後、ジムに通ったり、バレエエクササイズに通ったりと様々な運動をやってみましたが、いっこうに筋肉は増えません。
むしろ年々脂肪を蓄えていっている状態です。

無茶な糖質制限は愚の骨頂です。
絶対にやめてくださいね(´;ω;`)

すみません、つい熱くなってしまいました。

糖質を制限しすぎると恐ろしいということがわかっていただけたと思います。
上手な糖質制限のコツは、糖質を減らした分をタンパク質や脂質で補い、必要なカロリーは確保するということです。

糖質制限を安全にするためのポイント

主食の炭水化物を減らす目安は普段の半分ほどまで
これは「ケトン体」を出しすぎないため。
というのも、人間は糖が不足した際に、代わりのエネルギー源として体内の脂肪を分解します。
この分解によってできたものを、ケトン体と言います。

ケトン体は、糖質の量を普段の3分の1以下にしたあたり(1日の糖質摂取量を日本人平均の270gほどとした場合)から体内で増え始めると言われていて、これを利用した「ケトン体質ダイエット」というダイエット法も紹介されいるようです。

しかし、その安全性についてはまだはっきりとはわかっていないため、安全な糖質制限をするという点では、ケトン体が発生するような急激な糖質制限は控えた方が良いと思います。

糖質を減らした分、タンパク質や脂質をしっかりと摂取する
日本人はカロリー摂取の大半(およそ60%)を糖質に頼っているんだそうです。
それなのに糖質を減らしてしまうと、摂取カロリーまで大きく減ってしまうことになります。
そこで、タンパク質、脂質をしっかり食べ、カロリーを減らしすぎないことが重要になります。
肉・魚・大豆などをバランス良く食べましょう。
ちなみに、タンパク質や脂質は、満腹中枢を刺激する物質を分泌するので、 食べすぎになりにくいという研究があります。
そのため、満足するまで摂取しても良いという研究者もいるようですが、過ぎたるは・・・だと思います。
適量を美味しくいただくようにしましょう。

食物繊維をしっかりと摂取する
実は米などの炭水化物は食物繊維を多く含んでいます。
それを制限するということは、食物繊維が不足しまいかねません。
そのため、緑黄色野菜やきのこ、海藻類など食物繊維を多く含む食品を 意識的に摂取する必要があります。

3食バランス良く糖質を減ら
3食バランス良く糖質を減らすほうが、1食だけ減らすよりも血糖値の上下動を抑えることができるそうです。
NHKのためしてガッテンで紹介されたメニューの一例を掲載しておきます。
これによると、通常の食事の約半分の量の白米を食べるようにしていますね。

【朝食】
•パン…食パン8枚切1枚、無塩バター8g
•ソーセージのスープ煮…ソーセージ40g、たまねぎ30g、エリンギ50g、キャベツ100g
•牛乳…普通牛乳200g

【昼食】
•ご飯…白米70g (※茶わん1杯が150g)
•豚もも肉のソテー…豚もも肉90g、キャベツ50g、トマト50g、クレソン10g
•マグロのチーズ焼き…マグロ100g、チーズ15g、たまねぎ30g、赤青ピーマン10g
•きゅうりのごま酢あえ…きゅうり100g、もやし50g、ごま5g
【夕食】
•ご飯…白米70g (※茶わん1杯が150g)
•鶏胸肉の薬味ソースかけ…鶏胸肉80g、薬味ソース30g
•高野豆腐の煮物…凍り豆腐9g、さやえんどう6g、板こんにゃく40g、かつお昆布だし100g
•白いんげん豆のサラダ…いんげん豆35g、セロリー30g、トマト15g、パセリ1g
(NHK ためしてガッテンHPより抜粋)

管理人は以前、白米を50gにして挑戦し、3か月足らずで10㎏近い減量に成功しました。
ですが、白米を減らした分のたんぱく質や脂質を摂取しなかったために、20㎏のリバウンドをしてしまいました。
ですので、これから糖質制限を始めようと思っている皆さんは、ぜひ上記のメニューを参考にして、安全な糖質制限ダイエットを行ってください。
どうかこの記事を読んでくださった皆さんが、綺麗に痩せられますように!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!