原始人的な食生活で確実に痩せるらしい!パレオダイエット

パレオダイエットをご存知ですか?
海外ではすでに話題になっていて、日本でも一時ブームになったパレオダイエットというメソッド。
日本では定着したとは言えないながらも、美意識の高い人は、このパレオダイエットを実践しているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




食生活を原始的にするのが鍵

パレオダイエットの一番の特徴は、加工品や人工的な食品を摂取しないという所にあります。
どういうことかと言うと、原始時代、人間が口にしていたであろうものを基本に食べようということで、例えば肉や魚介類、果物
やナッツ
など、狩猟あるいは採集をしながら生きていた頃の食事を再現するのです。
そのため、人類が農耕を始めてから摂取するようになった穀類(米、豆、小麦製品)は、パレオダイエットでは摂取を控えるようにしなければなりません。
また、肉類とはいえ、ベーコンやハムなどは加工食品になるため、摂取できません。

こだわるのはメインの素材だけではありません。
調味料も、自然のものを使う必要があります。
例えば、精製塩ではなく、岩塩や海塩、蜂蜜やハーブなどで味付けし、蒸す・焼く・煮るといった調理をします。

パレオダイエットのメリット

パレオダイエットのメリットは、以下の通りです。

1.面倒なカロリー計算をしなくていい
食事量を気にせずに食べて良いというパレオダイエット。
そのため、一般的なダイエットと違って、カロリーを気にせずにすみます。

2.運動を頑張らなくていい
ダイエットというと、毎日運動しなければいけないイメージですが、パレオダイエットでは週に2~3回程度の運動で良いとされています。
というのも、いかに原始人といえど、極端に運動するのは狩りの時くらいだったそうで、それにならって運動強度の高いものを週に2~3回程度でよいとのこと。

3.グルテンフリーなのでアレルギー体質の人でも挑戦しやすい
小麦を摂取しないことを基本とするパレオダイエット。
そのため、グルテンアレルギーの人でも挑戦できるダイエットのひとつです。
また、グルテンやサポニンなど、腸に負担のかかる食品を摂取しないため、腸内環境を整えるともいわれています。

パレオダイエットのデメリット

パレオダイエットのデメリットは、以下の通りです。

1.お金がかかる
パレオダイエットでは、普段私たちが主食にしている穀物を摂取しない代わりに、肉や魚、フルーツや野菜などから穀物にかわる栄養を接する必要があります。
特に、肉や魚などの良質なたんぱく質を積極的に摂取することが推進されているので、いつも以上に出費がかさんでくることが考えられます。

2.高脂肪食に偏りがち
パレオダイエットは、穀類などの炭水化物を摂取しないため、エネルギーを肉や魚などのたんぱく質や油から摂取する必要があります。
そのため、どうしても高脂肪食に偏りがち。
野菜や果物もバランスよく食べる工夫が必要です。

3.食べて良いもの悪いものを覚えるのが大変
パレオダイエットでは、加工食品を摂取しないというのが基本的な考え方ですが、牛乳を飲んではいけないとか、ごま油はダメという制限があります。
そのため、慣れるまではちょっと大変かもしれません。

おまけ:パレオダイエットで食べて良いもの悪いもの

【食べて良いもの】

◇放牧された家畜や天然魚、卵
牛舎などで飼育された牛はダメみたいですね。
田舎ではちょっと売ってないんじゃないかな~。
天然魚は手に入るけど、養殖物よりやはりお値段が高くなりますね。

◇ナッツ、野菜、果物
野菜や果物も、栽培されたものなのに口にして良いという意味がちょっとわかりません。
雑草食べておけって言われた方が納得できるかな。
ナッツは、美味しくてついつい食べ過ぎてしまいがちですが、油脂が含まれているため食べ過ぎは良くないと思います。
不思議なことに、豆腐は食べている人多数。
豆が原料なのに、なぜ?

【食べてはいけないもの】

◆米、麦、とうもろこし、豆などの穀類
原始人だった頃には存在しなかったということで、食べちゃいけないそうです。
栽培して安定的に収穫できるようになったのは農耕時代なんでしょうけど、それ以前に本当に食べてなかったのか疑問。
少しくらい食べてたんじゃない?

◆乳製品
これも原始人は摂取していなかったからだそうです。
でも、バターはOKだとか。なんで?

まとめ

海外セレブがこぞって実践しているパレオダイエット。
そのダイエット方法には、やはり良い点悪い点がありました。
10㎏は簡単に痩せることができるという触れ込みもありますが、極端な糖質制限はちょっと怖いなというのが、管理人の個人的な意見です。
お金がかかるというデメリットも気になるため、今のところ管理人が実践するのは難しいダイエット法のようです。

また、パレオダイエットをがっちがちの本気でやろうとすると、お金が続かないばかりが体も持ちません。
そのため、本来食べてはいけない穀類をや乳製品も、1日このくらいならOKということを自分でルールにして、パレオダイエットを継続されている方もいるようです。

ここで紹介した方法を元に、ご自身に合うようにカスタマイズするのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!