確実に痩せる?酒粕ダイエットの方法

酒粕には、今注目のそばの実と同じく、レジスタントプロテインが含まれています。
酒粕のレジスタントプロテインには、摂取した脂肪を吸着するという性質があり、吸着した脂肪は体外に排出されます。
驚くべきこの酒粕パワーで、確実に痩せようというのが、酒粕ダイエット
今日はその酒粕ダイエットの詳しい方法について。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




酒粕を食べるだけのラクチンダイエット

酒粕ダイエットは、酒粕を毎日食べることによって、酒粕の有効成分を最大限に活用しようというダイエット法です。

その方法は、とっても簡単。
【酒粕ダイエットの方法】
1日50gの酒粕を摂取する

これだけなんです!

しかも、酒粕をどう摂取するかは、ダイエッターの好みで構いません。
そのまま食べてもよし、料理に使ってもよし。

とは言え、高カロリーになりがちなケーキ等にしてしまっては、やはり痩せにくくなるんじゃないかなと個人的には思っています。

おすすめの食べ方1

そこで、酒粕のおすすめの食べ方を紹介したいと思います。

◆酒粕スムージー◆
(材料)
・好みの果物
・好みの野菜
・酒粕
・牛乳か豆乳

健康のためにスムージーを飲んでいらっしゃる方も多いと思います。
そこで、いつものスムージーに、酒粕をプラスしてみるのはいかがでしょう?

ただし、酒粕はアルコールが含まれているため、食べた後に仕事などで車を運転する必要がある場合は、日中の摂取は避け、車の運転が必要ない夕食時に摂るのがよいでしょう。

実際に試してみました

1日50g摂取しないといけないので、全部スムージーにしちゃえとミキサーに放り込んでみました。
酒粕50g。結構量がありますよ。
もちろん、綺麗に混ざります。
見た感じ、普通のスムージーです。

飲んでみると・・・酒粕独特の味がします。
好きな人にはたまらないでしょう。
でも、苦手な管理人にはかなり飲みにくい代物でした(´;ω;`)

そこで、翌日量を減らしてリベンジ。
酒粕を半量の25gにしてみました。

見た目は昨日とほとんど変わりません。
でも、味はずいぶん飲みやすくなりました。
セロリなどを入れると、より酒粕のくせが隠れるので飲みやすくなります。
セロリが苦手な方は、無理かもしれないけど・・・。

翌々日、さらに量を減らしてみました。
酒粕を10gにしてみました。

見た目は変わりません。
味はというと、ほぼ酒粕の風味はしません。
酒粕は苦手という方は、この配合が無難かもしれません。
でも、一日50gを摂取しないといけないので、5回もジュースを飲む羽目に・・・?
それはちょっと難しいですよね(;’∀’)

おすすめの食べ方2

◆酒粕と生姜のホットドリンク◆
もう一つお勧めなのが、この酒粕と生姜のホットドリンク
(材料)
・酒粕
・生姜
・お湯

作り方もとても簡単で、コップに酒粕をちぎって入れ、生姜のすりおろし少々とお湯を注ぐだけ。
夜飲むと良いとテレビで言ってました。

実際に試してみました

酒粕50gに、生姜ひとかけのすりおろしをコップに入れてお湯を注ぎ、よく混ぜました。
よく混ぜたんですが、溶けない(;´Д`)
どうやら、冷蔵庫から出したばかりのしかも板粕を、50gも入れるってのはちょっと無謀だったよう。

それでも溶けた部分から飲んでいって、お湯を足すという作戦に。

一口飲んでみます。

・・・まずい(;_;)
いや、酒粕好きな人は大丈夫と思うんですが、苦手な管理人にはちょっとハードルが高かった!!
生姜の香りで、酒粕の匂いは抑えられてるんだけど、味がちょっと・・・。

そこで、甘味料様にお出ましいただきました。
今回使用したのは、楽天市場で購入したスイートピアという商品。
エリスリトールを使っているから、甘いのに糖質ではないという嬉しい甘味料です。

これをちょいと足してやったら、飲みやす~い( ;∀;)!!!

酒粕が苦手な皆さん、酒粕と生姜のホットドリンクには、ぜひ甘味料を入れてください。
断然飲みやすくなります!

が、そもそも酒粕50gを一気に飲むというのは結構大変です。

ですので、半量に分けて飲むといいのではと思います。

とてもラクチンな酒粕ダイエット。
そう、ラクチンなはずなんですが、酒粕苦手な人にとっては全然ラクチンではないダイエットです。
今回2種類のドリンクを試してみて、一日50gを摂取するのがどれだけ大変なのかがわかりました。

酒粕が苦手な方は、無理をせずに少量ずつから始めてみましょう。
また、どうしても食べられないという場合は、酒粕ダイエットは諦めて他のダイエットに取り組みましょう。
酒粕と同じくレジスタントプロテインを含む食材は、そばの実高野豆腐(大豆製品)です。
それらを使ったダイエット法もありますので、安心してくださいね(*^^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!