冷え性改善に効果的な蒸ししょうがを作ってみる

寒波の影響で、今年は寒い冬になりました。
冷え性には辛いですよね。
そこで、今日は冷え性改善に効果的蒸しショウガをご紹介します。
蒸しショウガを食べることで、冷え性が改善されます。
冷え性を改善することで、代謝UPも期待できるので、もしかしたら今より痩せやすい体になるかもしれません。
40kgの減量を成功させたい私も、かなりの冷え性。
常に体の末端やへそ周り、下半身が冷えているという頑固な冷え性に長年悩まされています。
何とかしたいと思っていたら、蒸しショウガが冷え性改善に効果があるという噂を耳にしたので、積極的に取り入れようと思って早速作りましたよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




普通の生姜じゃだめなのか?

先程から、「蒸しショウガ」と言っていますが、普通のショウガじゃダメなのか?と思った方も多いと思います。
冷え性改善に効果のある食材と言えば、ショウガを思い浮かべますよね。
そのくらい、メジャーな食材ですが、実は食べ方によっては全く冷え性に効果がないんです。

例えば、すりおろしたショウガを、薬味として食べた場合。
食べた瞬間に口の中が熱くなるため、体温まで上昇してるようなきになります。
でも、実はほとんど体温は上がらず、やや温まったとしてもすぐに冷えてしまうんです。
生のショウガは冷え性には効果なし。
ということは、ダイエットにも効果が期待できません。

ジンゲオールとショウガオールの違い

では、冷え性改善に効果があるというのはガセだったのでしょうか???
ショウガには、ジンゲオールショウガオールという成分が含まれます(他にもありますが、割愛)。

生のショウガにあるのは、ジンゲオールという成分。
これには、解熱効果や殺菌効果があるといわれていて、健康に良い成分であることは変わりありません。
ですが、残念ながら、体を温める効果は皆無です。
だから、薬味として食べても、体が温まることはなかったんですね。
冷え性に効果がないわけです。

それでは、ショウガオールはどうでしょうか?
実は、生のショウガには、このショウガオールはほとんど含まれていません。
80℃以上100℃以下で加熱することで引き出される成分なんです。
ショウガオールは、ジンゲオールと違い、摂取すると体が温まり、更にはその効果が持続します。
冷え性に効果を発揮してくれるんです!

ショウガオールを美味しく摂取しよう

冷え性改善のために、これまで生のショウガを食べていた方は、ぜひ蒸しショウガに変えてみましょう。
作り方はとてもシンプルで簡単です。

蒸しショウガの作り方
1.ショウガをよーーく洗う。
2.皮付きのまま、2ミリ幅にスライスする。
3.30分蒸す。
4.1日天日干しするか、室内なら1週間干す。
5.そのまま食べたり、刻んでサラダや味噌汁、料理に加えて召し上がれ!

※1日に食べるのは、2~3gにとどめてください。胃腸への負担が大きいです。

ショウガオールを引き出すには、ショウガを80℃以上100℃以下で30分以上加熱する必要があるのですが、ちょっと面倒くさいなという方は、炊飯器に任せてしまいましょう!

ショウガご飯の作り方
1.ショウガ20gをよーーく洗う。
2.皮付きのまま、5ミリ幅にスライスし、それを千切りにする。
3.白米2合を洗い、2を加えていつもの水加減で炊く。

もちろん、いつもの炊き込みご飯にショウガを加えて炊いても良いと思います(*‘∀‘)

おデブ夫人も早速試してみようと、ショウガを買ってきました。
石油ストーブを焚いているので、蒸し器で蒸しショウガを作ってみたのですが、本当に簡単すぎてびっくりしてます。
まだ完成していないのですが(1週間干してない)、すでにショウガとはわからないくらいに縮んでいます。
試しにかじってみたところ、めちゃくちゃ辛い!!!
心なしか、体がポカポカ温まったような!?
1回食べただけでは、もちろん冷え性改善は期待できませんので、続けて摂取しようと思います。

冷え性を改善することで、本当にダイエット効果もアップするのかどうかはまだわかりません。
単純に、冷え性改善⇒代謝アップ⇒ダイエット成功というのをイメージしているのですが。
実際に試してみたダイエット効果については、また改めてまとめたいと思います。

※1日に食べるのは、2~3gにとどめてください。胃腸への負担が大きいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!