アラフォーが1か月で5kg痩せて、とうとう80㎏台から足抜けできました!!!

ずいぶん久しぶりの投稿になります。
前回の記事で、椎間板ヘルニアになったということを書きました。その際の体重が84㎏
実は、それから更に2㎏も太って、86.6㎏まで太りました。
それが9月のこと。

でも、なんとか78.3㎏まで体重を落とすことができました。
今回は、80㎏からようやく抜け出すまでの軌跡を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




1ヶ月で5㎏痩せたきっかけ

体重が過去最高の86.6㎏になった時、洗面所の鏡に映る自分を見ても、いまいちピンときませんでした。
太ってるには太ってるんだけど、それまでと何ら変わりない姿。そんな風に思ってたんです。

ある日、無謀にも恋人が欲しいなと思い、Pairsというマッチングアプリに登録。
もちろん、写真なんか掲載しません。
だから、いいね!をもらえるはずもありませんでした。
ところが、最後のログインから1ヶ月経過した頃、諦め半分でログインしてみると、いいね!とメッセージが来てるじゃないですか!!
慌てて確認すると、いいね!をくれたのは、同じ県内に住むイケメンのお医者様。
早速マッチングして、やり取りを開始しました。

最初の頃は、差し当たりないやり取りが続きましたが、やはり来ました。
「おデブ夫人さんの写真を見せてください」という依頼。
当たり前ですが、90㎏近いアラフォー女の姿をさらしたくはありません。
やんわりお断りしたのですが、ぜひにということで、痩せていた頃の写真を・・・。
すると、思いがけず「綺麗な顔立ちですね!ぜひお会いしたい」と。

嬉しい反面、ヤバい!!と思いました。
90㎏の姿で会いにいけば、当然がっかりされますよね。

その時、初めてダイエットスイッチが入ったようで、いつものように洗面所の鏡に映る自分を見て「みっともない(◎_◎;)!!!」と気づいたんです。

その日から、ダイエットを開始しました。

1ヶ月で5kg痩せるためにやったこと

食事を減らして痩せるというのは、過去に何度もやってリバウンドしていたので、正直やりたくありませんでした。
でも、やはり手っ取り早く痩せるなら、摂取カロリーを減らすしかない。

色々と悩んで、今回はコチラを取り入れることにしました。
DHCプロテインダイエットシリーズ。
スープタイプ、ドリンクタイプ、ケーキなど各種ありますが、私はスープパスタを利用しました。

なぜDHCのプロテインダイエットを取り入れたかというと、アミノ酸スコアについての記載があったからです。

アミノ酸スコアというのは、必須アミノ酸がどれくらい含まれているかのバランスを評価する指標です。
アミノ酸スコアが100に近いほど、体内でたんぱく質が有効利用されるそうです。
ただし、必須アミノ酸9つのうち、一つでも100に達していないと、たんぱく質をうまく利用できなくなるという厄介なものです。
上手く説明ができないので、詳しく知りたい方は「アミノ酸スコア」で調べてみてください。
栄養のキホン!? 「たんぱく質」を理想的に!アミノ酸スコアを活用

食事量を減らすけど、筋肉量は減らしたくないから、アミノ酸スコアをしっかり意識しようと思ったのです。
が、ない頭で考えてもよくわからない。
それなら、最初からアミノ酸スコアが完璧なDHCのプロテインダイエットを取り入れようということになったわけです。

無理をせず、夜1食だけをプロテインダイエットのスープパスタに置き換えました。
期間は1週間。
これでまず1㎏痩せました。
たったの1㎏、されど1㎏です。

思ったほど落ちないので、運動を取り入れた

プロテインダイエットを取り入れて、ようやっと1㎏減量したものの、万年ボンビーの私には、次の1週間分を購入する余裕がありませんでした。
そこで、やはり運動だろうと、Wii Fitでひたすら踏み台昇降運動を行いました。
1日1時間。

加えて、食事はおでんを取り入れました。
塩分のとり過ぎにならないよう、自分でだしから作りましたよ!
具材は、大根・きのこ類・卵と葉野菜、こんにゃくはたっぷりと。

また、食前にコーヒーやココアを飲むことで血糖値の上昇が抑えられるということで、毎食前にどちらかを飲むことにしました。
グレープフルーツもダイエット効果があるとのことでしたが、食前に食べるのは難しかったので、食後に時々取り入れました。

これが功を奏したのか、2週間で2㎏の減量に成功。
3週間でトータル3㎏も減りました。

こうなると、ダイエットが楽しくなってきます。
更にはダンベルを引っ張り出して来て、筋トレを行いました。
ヘルニアが悪化しないように、慎重に。
毎日部位を変えて運動しました。

例えば、月曜日は腕、火曜日は背筋、水曜日は・・・といった具合です。

食事は、さすがにおでんには飽きたので、普通食に戻しましたが、食前にコーヒーかココアを飲むことと、時々グレープフルーツを食べることは継続しました。

すると順調に体重が減り、1か月でトータル5㎏減を達成したんです!!!

それでもまだ80㎏台・・・。
あと少し。
それならば、運動量を増やそうと、踏み台昇降を1時間半続けたところ、悲劇が。

椎間板ヘルニア再び!?

踏み台昇降運動を1時間半に増やしてから3日のこと、恐れていた腰痛が起きてしまいました。
こうなると、運動は難しくなります。

しかし、痩せなければいけない。
そこで、一時的にご飯の量を減らす作戦に出ました。
低糖質ダイエットみたいなもんです。

ただし、低糖質ダイエットで大きくリバウンドした過去があるので、夜ご飯だけ白米を50g、おかずによっては食べないということに。
また、筋トレなどはできませんが、エアロバイクは腰への負担が少ないと聞いたので、眠らせていたペダルエクササイザーを有効活用することにしました。

ペダルエクササイザーは、介護の現場や医療現場で採用されている器具だそうです。
非常に緩やかな運動なので、ダイエットには不向きという意見もありますが、とりあえず使ってみました。

毎日時間を決めて、というよりは、座ってる時にやってました。
机の下で漕ぎ漕ぎ、テレビを見ながら漕ぎ漕ぎ。
気が付けば1日1時間以上漕いでいました。

この運動は、腰への負担が少なかったようで、腰痛はすっかり治まりました。

食前コーヒーかココアとペダルエクササイザーを続けた結果

こうして、食前コーヒーかココアと、ペダルエクササイザーを漕ぐ生活を続けた結果、2ヶ月でさらに3.6㎏の減量に成功しました。
3ヶ月間で8.6㎏の減量に成功したことになります。

リバウンドしないの?

現在もダイエット中なので、大きなリバウンドはしていません。
増えてもなんとか79㎏台にとどめていて、80㎏に戻ったことはありません。

食事制限は特にしておらず、おやつも食べています。
クリスマスケーキもしっかり食べました。

ただし、食前にコーヒーココアを飲んでいます。
以前はコーヒーかココアだったのですが、今は混ぜて飲むようにしています。

ココアは、砂糖入りではなく、純ココアパウダーです。

無糖のインスタントコーヒーに、無糖のココアを混ぜてお湯を注ぎ、牛乳を足してから飲んでいます。
私は元々、甘い飲み物が苦手なので気になりませんが、苦みがちょっと・・・という方は、血糖値を上げない天然甘味料を入れると美味しくいただけます。

これは、スイートピアという商品で、ステビアとエリスリトールでできています。
砂糖の甘さの3倍。
なので、使用量が少なくて済みます。
後味に清涼感があるので、料理に使うよりもスイーツなどに使った方がいいです。

料理にも活用したいなら、エリスリトール単体がお勧めです。

太る原因は血糖値の上昇ということなので、いかに血糖値を上げずに食べるかを考えた結果、上記のような商品を取り入れるのが手っ取り早いことに気付きました。

また、運動も激しいものでなく、緩やかなものでもダイエットには効果があるということもわかりました。
今のところはペダルエクササイザーでの運動に落ち着いています。
しばらく腰痛も起きていないので、そろそろ腹筋などの筋トレも開始しようかな。
筋肉を付けながらやせると、皮が余りにくいそうなので、気になる部分は鍛えていこうと思います。

まとめ

リバウンドを繰り返したせいで、何やっても痩せなかったアラフォーの私でも、血糖値のコントロールアミノ酸スコアを意識した食事運動を取り入れることで8.6㎏痩せることができました。

きっかけはマッチングアプリ。
残念ながら、きっかけとなった男性とはご縁がありませんでしたが、ダイエットスイッチを入れてくれたことに感謝しています。
女性の場合、このようなきっかけがあると、ダイエットに弾みがつくのではないでしょうか。
一説には、恋をすることで美に関わるホルモンが生産されるとのこと。
もし、管理人のように、長年恋から遠ざかって、見た目を振り返る機会がない、何をやってもダイエットがうまくいかないという方は、マッチングアプリをダイエットに取り入れてみてはいかがでしょうか(笑)

そうそう、下着姿で撮影したものを、目に入る場所に張り付けておいたのも効果があったかもしれません。
己の醜い体を見たら、食欲もわかなくなりました(^^;)
ZOZOスーツもお取り寄せして、1週間ごとに計測したり、ダイエットを楽しめたのもよかったかも。

まだまだダイエットの日々は続きます。
最終目標体重は、58㎏。
あと20㎏も減量しないといけません。
そう思うと暗くなってしまうので、まずは70㎏を目標に頑張ります!

長文を読んでいただき、ありがとうございましたm(__)m
ご意見、ご質問はお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!