もち麦ダイエット11日目

スポンサーリンク
スポンサーリンク




もち麦ダイエット11日目の成果

逆流性食道炎と診断されたため、ダイエットを開始しました。
食物繊維豊富なもち麦を、毎日の食事に取り入れるというダイエットに挑戦です。
今のところ、無理な制限はしておらず、もち麦をご飯の代わりにして、おかずは今までとそれほど変えることなく、美味しく食事をしているだけです。
果たして本当にダイエット効果があるんでしょうか。
効果があるのかどうかの口コミが見当たらないので、しばらくこのダイエットを記録していきます。

今日は11日目です。

今朝の体重

83.4kg

今日の食事内容と簡単レシピ

【朝】8:00
・白ご飯 100g
・うなぎの蒲焼 2切れ
・小松菜とうす揚げの味噌汁 1杯

昨夜の残りのうなぎの蒲焼をいただきました。
朝から贅沢な気分です。
せっかくなので、白米でいただいたのですが、やはり美味しい。
もち麦は独特の香りと酸味があるので、それがせっかくの蒲焼の風味の邪魔になってました。
ご馳走の時は、白米で食べたいものです(;’∀’)

【昼】12:00
もち麦チャーハン
(作り方)
まずは塩豚を仕込んでおかなくてはいけません。
1.豚肩ロース肉500gに、塩小さじ2と好みのハーブをまぶす
2.1をビニール袋に入れてしっかり空気を抜き、冷蔵庫で熟成させる

今回は、5日間熟成させたものを使用しました。

1.塩豚を5mm幅の角切りにする(今回は、1cm厚さを1枚使用しそれを刻みました)
2.油で1を炒め、火が通ったら卵を割り入れる
3.火を止めて炊いたもち麦を入れ、よく混ぜる
4.卵が全体に絡んだら火をつけて炒める
5.パラパラになったら青ネギを散らしてよく混ぜ、火を止める

塩豚の塩気があるので、塩コショウなどはしませんでした。
具材が入るので、同じ100gのもち麦ご飯でも、満足感がアップします。

【おやつ】
・マカダミアチョコ 3粒
・チョコ菓子 1個
・びわゼリー 

【夜】18:00
塩豚とんかつ 1切れ
(作り方)
1.塩豚を水洗いし、クッキングペーパーなどでしっかり水気をとる
2.好みの厚さにスライスし、衣をつける
3.180度の油で、こんがりきつね色になるまで揚げる

・もち麦 100g

塩豚のゆでたの ハム程度の薄さ8切れ
(作り方)
1.塩豚を水洗いし、クッキングペーパーなどでしっかり水気をとる
2.キャベツ、タマネギ、ニンジン、ジャガイモと水を鍋に入れて沸騰させる
3.沸騰したら1を入れ弱火で3分煮たら火を止めて蓋をする
4.保温性のある鍋であれば、そのまま1時間以上放置。保温性のない鍋の場合は、30分ごとに湯加減をみて、温めなおす。
5.肉を取り出し、好みの厚さにスライスする

・大根おろし
・豆腐の味噌汁 1杯
・千切りキャベツ
・トマト 3分の1個

油ものを食べると、逆流性食道炎が悪化するので、我慢してゆで豚を食べました。
5日間熟成させたものは、ゆでても塩気がきつく感じました。
試しにとんかつを一切れ食べたところ、かなりしょっぱい。
ソースなど付けずに食べても辛い。
塊肉を安くで購入した時にはかなり便利な塩豚ですが、5日熟成させたものはさすがに塩抜きしてから加工した方が良さそうです。
ハーブの風味が移り、肉の味が濃くなっていて、塩分さえ調整すれば美味しいものだと思います。

・びわゼリー

運動

小型のサイクリングマシンを5分間漕ました。
買い物のため、1時間程度外出。

お便り

10時頃に1回。
まだ硬めの便でした。

まとめ

朝から晩まで、ボリューミーな食事でした。
明日は太ってるかな・・・。
夕飯後、少し逆流性食道炎の症状が出て、食道から胃にかけて腫れぼったく、痛みもありました。
昼食と夕食で油ものを食べたせいでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!