もち麦ダイエット8日目

スポンサーリンク
スポンサーリンク




もち麦ダイエット8日目の成果

逆流性食道炎と診断されたため、ダイエットを開始しました。
食物繊維豊富なもち麦を、毎日の食事に取り入れるというダイエットに挑戦です。
今のところ、無理な制限はしておらず、もち麦をご飯の代わりにして、おかずは今までとそれほど変えることなく、美味しく食事をしているだけです。
果たして本当にダイエット効果があるんでしょうか。
効果があるのかどうかの口コミが見当たらないので、しばらくこのダイエットを記録していきます。
今日は8日目です。

今朝の体重

83.1kg

今日の食事内容と簡単レシピ

【朝】7:30
・もち麦ごはん 100g
・鶏手羽元と大根の煮物
・自家製ヨーグルト 200g

出かける用事があり、大急ぎで食事。
鶏手羽元1本半と、大根1cm輪切りを3個、もち麦ご飯とともに高速で30回噛みしながらいただきました。
あー、なんか食べた気しないな~( ;∀;)
自家製ヨーグルトは、プレーンで。

【昼】11:30
・国産牛のローストビーフ丼
・バニラソフトクリーム 1個

出先で外食。
たんぱく質が摂れて、なるべくさっぱりしたものをと思ったら、これしかありませんでした。
国産牛のローストビーフが15枚程度乗っていて、なぜかわからないけど、ご飯の下にキャベツが入ってました。
ご飯も残さず完食。
でも、よく考えたら、これっていつも食べるご飯の2~3倍???
少し残せばよかったと反省。

しかも、食後についついソフトクリームを食べてしまいました。

【おやつ】
・マカダミアナッツ入りチョコ 2個
・木村屋のあんぱん 1個

【夜】20:15
・もち麦入りご飯 150g
アメリカンビーフのワンポンドステーキ
(作り方)
1.にんにく2片を薄切りにして、オリーブオイルでじっくり香りを引き出す。きつね色になったら取り出す
2.500gの牛肩ロース肉に塩コショウを振りかけて、熱したフライパンに載せる
3.中火より少し弱めの火加減にし、5分焼く
4.裏返して更に5分
5.蓋をして5分焼き、火を止めてそのまま5分放置
6.肉を取り出し、ブランデーを注ぎ、肉を焼いた焦げなどをこそげ落としながら煮詰める
7.醤油を垂らして味を調える

スーパーで、100g128円のどでかいステーキ肉を目撃し、思わず買ってしまいました。
もちろん、これを1人で食べるわけではなく家族でシェアしていただきますよ(;´∀`)
1人当たり180g程度になりました。
じっくりと火を通したので、柔らかくジューシーな焼き上がりで大満足。
肉汁で作ったソースで食べると最高でした。

エリンギといんげんのソテー
(作り方)
1.いんげんはゆでておく、エリンギは食べやすい大きさに割いておく
2.肉を焼いているフライパンの隙間に、1を入れて焼く
3.焼き目が付いたら引き上げる

いんげんは、昨夜の残り物です。
ゆでずにレンジ加熱でもいいですが、必ず水に取って色止めをしてください。
色止めすると、鮮やかな緑色が保てます。

洗い物をなるべく減らそうと、肉を焼いてる隙間で炒めました。
塩コショウなどの味付けは一切なし。
でも、ステーキと一緒に食べるから、全く味気なさは感じません。

もやしの蒸したの
(作り方)
1.もやしは良く洗い、汚いものは取り除いておく
2.耐熱容器、もしくはポリ袋にいれて、レンジで加熱
3.しんなりとなったら取り出す

ニンジンの蒸したの
(作り方)
1.にんじんを洗って皮をむき、食べやすい大きさに切る
2.耐熱容器、もしくはポリ袋にいれて、レンジで加熱
3.爪楊枝がすっと刺されば取り出す

ジャガイモの蒸したの
(作り方)
1.ジャガイモを綺麗に洗って、芽があれば取り除く
2.耐熱容器、もしくはポリ袋にいれて、レンジで加熱
3.爪楊枝がすっと刺されば取り出す

フライドポテトやニンジンのグラッセを食べたいところですが、時間が時間でしたし、簡単にレンジ調理で副菜を作りました。

・サラダ菜

特売のお陰で、豪華な食卓にもかかわらず、一人当たり500円以下の食事です。
これをレストランで食べたら、3,000円は取られるんじゃないかな?
やはりおうちごはんはお得ですね。
後片付けは面倒くさいけど、今回はフライパン1つとお皿だけ。
随分ラクでした。

運動

特に運動はせず、買い物で2時間ほど外出。
ただし、車に乗ってる時間が長く、あまり歩いてません。
立ちっぱなしの時間も長かったな~。

お便り

17時頃と21時頃の計2回。
硬めの便が少量。

まとめ

今日もついつい甘いものを食べてしまいました。
疲れてたから仕方ないと、自分に言い訳しています。
それよりも、昼過ぎから激しい腹痛に見舞われました。
何度もトイレに駆け込むも、お腹が痛むばかりで便が出ず、かなり苦しかったです。

一日外出していたことと、炎天下の中で活動したため、水分不足だったのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!