新国立病院ダイエット②

こんにちは、デブ夫人です。

前回、国立病院ダイエットについて書きましたが、
今回はそれを改良した「新国立病院ダイエット」について書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




新国立病院ダイエットとは?

ちょっと危険な国立病院ダイエットを、日本人に合わせて改良したもの。
基本的なやり方は、国立病院ダイエットと同じ。
ただし、代替品に変更しても良くなったので、バランスよい食事がとれるようになりました
1日の摂取カロリーは、1200kcalを厳守します。

【代替品】
卵 ⇒ 豆腐・納豆・鶏ささみ・マグロ・エビなどのたんぱく質
牛乳 ⇒ チーズ・ヨーグルト・桜エビ・チンゲン菜・ひじき・じゃこなどのカルシウム
グレープフルーツ ⇒ トマト・ブロッコリー・ピーマン・イチゴなどのビタミン類

1日の摂取カロリーが1200kcalなので、1食を400kcalに抑えないといけません。
ですので、油で揚げるなどの調理は必然的にNGです。

どのくらいの期間行うのか?

カロリーを抑えてのダイエットなので、2週間が限度です。
それ以上は続けないこと。

基本の方法

【朝食】
朝食は、パンかご飯かを選べます
・トースト6枚切り1枚(バターなし)、もしくはご飯100g
・卵Mサイズ1個 ゆで卵、温泉卵など、アレンジOK。なるべく油を使わない方法で
・牛乳 200ml
・グレープフルーツ 中玉1個

※牛乳が苦手な人は、プレーンヨーグルト100gか、じゃこおおさじに置き換えOK
※グレープフルーツが苦手な人は、リンゴ中玉1個かキウイ2個、もしくはバナナ中1本に置き換えOK
(オレンジなら中玉1個、みかんなら3個、イチゴなら10粒)
※卵は、納豆1パックか豆腐4分の1丁に変えてもOK
※主食を、ライ麦パン6枚切り1枚、バターロール1個半、フランスパン3cm厚さを2切れ、
コーンフレーク大さじ5のどれかに変更してもOK

グレープフルーツは、手でむいて袋ごと食べます。食物繊維が豊富なため、
便秘解消に効果的です。

【昼食】
500kcal以内で、外食とおうちごはんのどちらかを選びます。

<コンビニなら>
・おにぎり2個+お惣菜かサラダ・・・マヨネーズ入りのものは避ける
・幕の内弁当・・・ご飯3分の1とイモ類のおかずは全部残す。揚げ物は衣を取れば半分食べてよい
・そばorうどん+おひたし・・・天ぷらなどの揚げ物を残せば全部食べてOK。ただし、おひたしか豆腐を必ず食べ、つゆは残すこと。

<ファミレスなどなら>
・魚系、豆腐系の定食なら、ご飯を3分の1残せばOK
・その他の定食は、ご飯を3分の1残し、メインのおかずは半分残す。揚げ物は避ける
・ノンオイル以外のドレッシングはかけない
・カレーやシチューは、3分の1残す。
・麺類は、具を全部食べ、麺を3分の1、つゆを全部残す。揚げ物の具はNG
・ハンバーグは半分残す。ご飯も付け合わせも半分残す。

※NGメニュー
・菓子パン、調理パン
・オムライス、チャーハン
・天丼、かつ丼、牛丼
・から揚げ、焼き肉、フライ
・肉まん、あんまん

【夕食】
やせスープと1皿メニューの組み合わせで400kcalに抑える。
夜8時までに食べる。

やせスープとはなんぞや?と思われた方も多いでしょうが、
なんのこたありません。
市販のスープに、すりごまを小さじ2分の1加えるだけです。
さらに、栄養バランスを考えて、レタスを加えたりのひと手間だけでOK。

守るべき6つのルール

1.水分をたくさんとる ・・・1日1L以上を目安に、ジュースなどの甘いもの以外の水分をとります
2.朝ごはんを必ず食べる
3.おやつは食べない
4.揚げ物を食べないなどのルールを守れば外食OK
5.3食バランスよく食べる
6.体重を毎日同じ時間に測る

デブ夫人が実際に試した結果

実はデブ夫人、このダイエット法が世に出てすぐに試してみたんです。
結果は・・・

2週間続けるのが難しかった

当時学生で、食事の準備はすべて親任せだったため、全ての食事をこのダイエット法に合わせるのは無理がありました。
そして何より、食べるの大好きなデブ夫人には、「食事制限」というものが辛かったのです(´;ω;`)

2kg減量に成功

食事内容がバッチリ守れたわけではないのに、2週間後には2kg減っていました!
おやつを食べなかったことが功を奏したのだと思います。

その後どうなった?

はい、実はこのダイエットの後、食事を普通に戻して当然おやつも食べるようになりました。
その結果、

3kg増加

ダイエットする前より増えちゃいました( ;∀;)

ダイエット後に食事を戻してしまうと、吸収率が良くなるようです。
すべて脂肪に変わってしまったことでしょう・・・。

皆さんがこのダイエットを行う際は、きっちりルール通りにすることをおススメします。
そして、ダイエット後もダイエット前の食事に戻すことは避け、なるべくカロリーを増やさないようにするか、そうでなければ運動でカロリー消費をすると、体重をキープできると思います。

まとめ

新国立病院ダイエットは、確かに痩せる。
でも、痩せた後のフォローが重要。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!