ダイエットして目指せ!モデル体型

ダイエットするにあたり、多くの人が目標体重を設定すると思いますが、どうやって設定してますか?
とりあえず、マイナス5kgとか、マイナス10kgなど、適当に決めちゃってませんか?
でも、それってちょっと危険かもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目標体重は、まずは標準体重に設定しよう

すごく太ってる人が5kg痩せるのと、元々痩せてる人が5kg痩せるのでは、意味が違いますよね。
すごく痩せてる人は、本当は痩せる必要なんてないのかもしれない。
でも、自分では太ってると思い込んでダイエットする。
下手をすると、栄養失調で死んでしまう可能性があります。
逆に、すごく太ってる人が5kg痩せても、見た目も大して変わらないし、なによりまだ健康とはいえない状態です。

では、どうすればいいんでしょう?
そこで活用して欲しいのが、標準体重です。
自分の標準体重を知っていれば、ダイエットで体調を壊すという最悪の事態を防ぐことができます。

標準体重の計算方法

まずは標準体重について。
標準体重というのは、BMI値が22になる体重のことで、計算で簡単に導き出すことができます。
この体重だと、統計上最も病気になりにくいと言われています。

【計算式】
身長(m)× 身長(m)× 22(BMI値)=標準体重

例えば、身長160cmの人なら、1.6X1.6mX22=56.3kg が標準体重となります。

単純に言えば、これより軽ければ痩せすぎで、重ければ太りすぎということになります。
個人的には、2~3kgの差ならば許容範囲内ではないかなと思うんですけどね。

ただし、この標準体重というのは、先ほども述べたようにあくまでも「生命維持に最適な体重」のことなので、細身の女性がもてはやされている現代では、この標準体重であっても、ぽっちゃりという評価になるようです。

モデルやタレントみたいに細くなるには

ぽっちゃりという評価が嫌だ、モデルやタレントみたいに細くなりたい!!
というのが、世の女性の本心だと思います。

そうなるには、あと何キロ減らさないといけないんでしょう?
それを知るには、BMI値を20になるように計算しましょう

【計算式】
身長(m)× 身長(m)× 20(BMI値)=モデル並みの体重

例えば、身長160cmの人なら、

1.6X1.6mX20=51.2kg となります。

先ほどの標準体重と比較すると、5kgほどの差があります。
これなら、かなりほっそりした体形になるのではないでしょうか?

まずは標準体重を目指そう

5kgも差があるということは、モデル体型を目指すとかなり大変なダイエットになりますよね。
ちょっと無理と思った方は、まずは標準体重を目指して、ゴールが見えてきたところでモデル体型の体重を目標に変えるというやり方でもいいと思います。

標準体重も厳しいなという、管理人のようなおデブさんは、まずは5kg、更に5kgと目標を細かく設定してもいいのかもしれません。

健康に美しく痩せるために、ぜひこの計算式を活用してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!