クミンで老化と老け肌ケアができるよ

いつぞやのあさイチで紹介された「クミン」。
カレーのスパイスとして有名なクミンですが、なんと老化を防止してくれる作用があるって知ってましたか?
クミンには、老化の元凶である「糖化」を抑制する働きがあるとのこと。
高価なスパイスでもないので、手軽に取り入れて老化対策ができちゃうなんて、夢のようですね。
ただ、クミンってカレー以外の使い道がわからないという方も多いと思います。
そこで、今回はその活用法をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




クミンを食べて若返ろうよ

クミンというスパイスは、体内の糖とたんぱく質が結合することで起こる老化を防いでくれます
糖とたんぱく質の間に割って入って、結合することを防ぐんだそうです。
しかも、これまで蓄積された老化物質も、除去してくれる可能性があるということで、研究が進められているすごいスパイスなんです。

私は頬のシミが気になってるので、これがなんとかならないだろうかと期待しています。
実は以前、酒粕に美肌効果があるということで、毎日シミの部分に酒粕パックを施した時期がありました。

2週間ほど続けた結果、濃いシミが薄くなってくれたのですが、それ以上薄くなることはありませんでした。
なので、今回のクミンには期待をしています!!!

クミンの活用法

とはいえ、クミンは酒粕のようにパックで効果が得られるとは聞いたことがありません。
やはり食べることで、体の中から綺麗にしていくという考え方のようです。

今現在、私が実践しているのは、クミンパウダーを1日のうちどこかで取り入れるというもの。

クミンには、クミンシードとクミンパウダーとあります。
粒状か粉状かの違いだけですが、粒ってことは種のままなので、皮があるでしょう?
そしたら、成分を吸収しづらいんじゃないかなと思って、パウダーを使うことにしました。

使い方はとっても簡単。
味噌汁やおかずにクミンパウダーを振りかけて食べるだけ。

1日の摂取目安は、小さじ1杯程度

ということで、せっせとおかずに振りかけて食べているわけです。
あ、なんでご飯にかけないのか。

いや、ご飯でもいいと思うんですよ。
ただね、クミンって香りがなんつーか独特なんですよ(;´Д`A “`
食べればカレーなんだけど、香りがね。
だから、何も味がついてないご飯よりは、味噌汁・おかずに振りかけるのがお勧めなんです。

もーね、ホントに食べればカレー。
魚料理とか、生臭くて苦手って人にはいいかもしれません。
だって、カレー味になっちゃうから。

逆に言えば、何でもカレー味になっちゃって、毎日カレー食べてるような気がして飽きてくる・・・。
味噌汁ですらカレー味。

う~ん、カレーが嫌いな人には無理かもしんないです。

私は幸い、カレーが大好きなので苦になりませんが、やっぱり飽きてきます。
そんな時は、1日クミンをやめましょう。

とはいえ、クミンの成分は摂りだめできないらしいので、少量ずつを毎日摂取するのが望ましいとのこと。

ポテチを食べる際に振りかけてもいいし、マヨネーズに混ぜたって構いません。
手軽に摂取して、みんなで若返っちゃいましょう(^O^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!